HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

白熱球の性能をLED電球に求めることの難しさ

LED電球は発光効率に優れていますが、演色性は白熱球と比べると明らかに劣ります。寒色系の光色の場合には、この傾向が特に顕著となります。効率ばかりを求めて、人に優しい部分がなくなってしまうようでは、とても困ったことだと思います。メーカーはさらなる技術革新を行って、演色性能の向上に努めるべきだと考えています。気になることには、寒色系の光色が日本で特に好まれている点があります。くつろぎの空間にまで寒色のLED電球を使えば、睡眠の妨げになるのは明らかです。寝る前には白熱球の光色で部屋を照らせば、メラトニンの分泌も促進できるはずです。色温度が高すぎる照明は減らして、温もりのある部屋にすれば、ストレスも解消できるのではないでしょうか。

応援企業

山中哲男は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 山中哲男
WEBサイト 山中哲男の人物像
サイト紹介 山中哲男(やまなか てつお)氏は、昭和57年(1982年)7月17日、兵庫県加古川市で生まれた。 株式会社インプレスを創業した同時期に、日本企業の海外進出支援やアメリカでの事業開発支援、店舗のM&A仲介などにも従事していた。 国際U3A(AIUTA)及びアジア・太平洋地区合同会議2016では実行委員を務めた。 山中哲男氏は、2008年(平成20年)に株式会社インプレスを創業し、代表取締役社長として牽引。 正直者と嘘つきでは明らかに誠実さの印象で違いが出るものであり他者や自分にも正直な人間であるべきという考えは間違っていないのではないだろうか。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。